シュガーダディ被通報回数の真実|裏ワザあるの、知ってました?

シュガーダディ被通報回数の真実|裏ワザあるの、知ってました?
山本 純

この記事を書いた人


独身34歳、都内のエンジニア。年収600万。 投資などにより資産は多め。 独り身なので余ったお金を女の子に使うのが趣味。 アプリ5つとサイト3つを使いながらパパ活中。 過去に月極2人、顔合わせも含めて50回以上は経験済み。 今は定期の子が常に複数名おり、仕事終わりの食事デートを楽しむ日々。

「シュガーダディの被通報って?」

「通報された回数は見れるの?」

「通報された理由は何? 通報されるとどうなるの?」

 

山本 純
山本 純
このように、シュガーダディの通報・被通報機能について気になるコトはたくさんありますよね。

 

本記事では、シュガーダディの通報機能のイロハを解説していきます。

 

また、本記事では特別な男性会員だけが使える「被通報回数を隠せる裏ワザ」もご紹介します!

知っておくと便利な方法なので、絶対に見逃さないようにしましょう。

 

山本 純
山本 純
それでは、通報・被通報機能について徹底解説していきます!

 

SugarDaddy
SugarDaddy
SugarDaddy
運営会社
株式会社シナプスコンサルティング
会員数
50万以上
月額料金
3,980円~
支払い方法
クレジットカード/銀行振込/ビットキャッシュ
男女比
男性28%
女性72%

 


シュガーダディの通報・被通報の意味とは?

シュガーダディので使える便利な「通報機能」。

「通報」と「被通報」の意味をサクッと説明します。

 

その前に、まず「通報機能」とは何かをカンタンに説明していきます。

 

通報の意味

「通報機能」とは、悪質かつ不愉快な会員をシュガーダディ運営事務局に報告できる機能のコト。

シュガーダディでは不快に思った会員をいつでも「通報」することができます。

通報する対象は主に「詐欺、業者、勧誘、暴言」などの言動が見られる会員です。

 

この「通報機能」は、誰でも、いつでも、誰に対しても使うことができるとっても便利な機能。

裏を返せば、「何となく腹が立ったから通報した。」「腹いせに通報してみた。」など虚偽の通報もカンタンにできちゃうんです。

このように虚偽の通報申告があまりにも多いと、運営事務局から強制退会させられてしまうので注意しましょう。

「通報対象」は本当に悪意のある会員だけにしてくださいね。

 

被通報の意味

 

「被通報」とは、通報される・された側のコト。

なので、「被通報回数」は「通報された回数」という意味になります。

 

そこで、重要なのが

  • 自分の「被通報回数」(他の会員から通報された回数)
  • 他の会員の「被通報回数」(通報された回数)

の2つ。

 

これらがお互い会員同士で把握できるようになれば、安心してシュガーダディを利用することができます。

 

特に「経営者」や「高所得者」を狙った詐欺事件もあるので、「被通報回数」があまりにも多い女性会員には注意しましょう。

 

山本 純
山本 純
相手の女性会員が何件通報されているか分かれば、トラブル防止に繋がります。

 

シュガーダディで通報されるとどうなる?

「シュガーダディで通報されるとどうなるのか?」について気になると思います。

 

山本 純
山本 純
まずは、会員を通報する手順をしっかり押さえてから説明します。

 

通報手順

不快な会員を通報する手順をサクッと簡単にご紹介!

 

  1. 通報したい相手の「プロフィール画面」を開く。

    通報画面

    通報したいときは、プロフィール画面から。
    一番下の「通報する」をタップ。
    (PC版)

  2. 「OK」を押す。

    通報画面2

    「通報する」を押すとおのような画面が。
    通報するときは「OK」を押します。

  3. 通報完了。

    通報完了画面

    これで通報完了!
    シュガーダディ運営事務局にすぐ通達が行きます。

 

これで通報完了です。

カンタンな3つの手順で不快な会員をシュガーダディ運営事務局に通報できます。

 

通報できる回数は1人5回まで。

それ以上は一定期間経つと、通報できる回数が復活します。

 

通報されるとどうなる?

結論から言うと、通報されると「どうにもならない」のが現実。

 

通報しても・されても「通知」は来ませんし、「被通報回数」がただ増えるだけです。

いつ、誰が、自分のことを「通報」したかは分かりません。

 

もちろん自分が何回通報されたかも知ることができません。

 

山本 純
山本 純
では、「被通報回数」が増え続けるとどうなるの?

 

これが気になるハズです。

「被通報回数」が15回以上になると、シュガーダディ運営事務局から「強制退会措置」が取られます。

 

シュガーダディ運営事務局の監視体制は非常に厳しく、24時間365日会員をチェックしています。

女性会員からの通報が多い男性会員はスグに「強制退会」となります。

 

自分の「被通報回数」は何回だか分からないので「いつ強制退会させられるか」は見当もつけられません。

 

ちなみに「強制退会」になるとログイン画面は真っ白になります。

この状態だと2度とログインはできず、同じアカウントは使用することができなくなります。

もし、自分が「強制退会」になってしまったら「再登録」するしかありません。

 

山本 純
山本 純
「強制退会」になり、画面が真っ白になってしまった方はこちらの記事をチェック!真っ白い画面への対処法、シュガーダディへの再登録方法と注意点を詳しく解説しています。

 

 

シュガーダディで通報される理由は何?

シュガーダディで通報される主な理由5つを紹介!

 

  • 暴言・誹謗中傷・脅迫行為
  • 業者・ビジネス勧誘
  • 詐欺行為
  • 公序良俗に反する行為
  • 実は18歳未満

 

山本 純
山本 純
これらに当てはまる行為によって「通報」されないためにも1つ1つ押さえていきましょう!

 

暴言・誹謗中傷・脅迫行為

暴言や誹謗中傷はシュガーダディの利用規約で禁止されています。

女性会員にとっては、見ず知らずの男性会員と顔が見えない中メッセージでやり取りするのはとても怖いハズ。

当たり前のことですが、女性会員に対して「暴言・誹謗中傷・脅迫行為」は絶対にやめましょう!

 

もちろん、シュガーダディ運営事務局に対しても脅迫・営業妨害行為を行ってはいけません。

これらの行為を繰り返すと最悪の場合、運営によってアカウントを削除されてしまいます。

 

山本 純
山本 純
有料会員だったとしても強制退会させられるので規約を守って、シュガーダディを利用しましょう。

 

業者・ビジネス勧誘

シュガーダディに登録している会員の中には出会い目的ではなく、「ビジネス勧誘目的」で登録している人もいます。

これらは一般的に「業者」と呼ばれます。

例えば、

 

  • セミナーやイベントに誘う
  • ネットワークビジネス(マルチ商法)や情報商材を売りつけてくる
  • 他のアプリやサイトに誘導してくる
  • 親しくないうちからメールアドレス、電話番号、ラインを聞かれる
  • お金を借りようとする
  • 宗教や投資への勧誘

 

などがあります。

 

このような行為をした場合は、女性会員から「この男性会員は怪しいかも…。」と思われ「通報」されます。

ビジネス勧誘をしていなくても、そのように勘違いされるような発言を控えるのがベスト◎

パパ活ではなく商品の売り込みなどを目的としたサイト登録は辞めましょう。

 

詐欺行為

シュガーダディで言う「詐欺行為」とは、主に2つ。

  • お金を騙し取る行為(「クレジットカード情報や口座情報を教えて?」など)
  • お手当を渡さない、約束よりも値切る、減額する行為

 

女性会員からの「通報理由」で1番多いのが「詐欺行為」による通報です。

このような行為をする男性会員は女性から「詐欺パパ」と呼ばれています。

 

実際に、お金をだまし取る行為をした男性会員がいたために、シュガーダディでは2017年の1月と2月に警視庁による捜査協力を出しています。

金品を求める行為は立派な犯罪です。

実際に男性会員がお金目当てにクレジットカードや口座番号を聞き出したりすることは絶対にあってはならないコト。

1度でも発見されたら「即通報」では済まされません。

「即逮捕」に繋がってしまいます。

くれぐれもシュガーダディでの犯罪行為は行わないでください!

 

また「詐欺パパ」にはもう1つのパターンが。

それが、

  • 「お手当を渡さない」
  • 「約束したお手当の額を値切る」
  • 「お手当を減額して渡す」

などです。

 

女性を騙して、お手当を渡さなかったり、約束していたお手当を減額して渡すと「被通報回数」が多くなります。

また、約束をしておいて待ち合わせ直前にドタキャンやバックれるような女性を冷やかす行為をした場合も「被通報回数」は大いに増えます。

 

公序良俗に反する行為

シュガーダディでは「公序良俗に反する行為」が会員規約で禁止されています。

 

パパ活と援助交際は全くの別モノ。

シュガーダディに登録している女性は、パパ活と援助交際をしっかりと線引きできています。

 

援助交際は肉体関係を前提としたものですが、パパ活はデートや食事が中心。

そのため、大人の関係(体の関係)を最初から求めたり、何度もしつこく求めると「通報」される可能性はグンと高くなります。

無理やり大人の関係を迫らないように発言には注意しましょう!

 

山本 純
山本 純
「大人の関係」を匂わす文章や生々しい発言は控えて、思いやりのあるメッセージを送ってくださいね。

 

実は18歳未満

シュガーダディは会員規約で「18歳未満の登録」を禁止しています。

18歳未満だと分かれば確実に「通報」されてしまうので気をつけてください。

身分証明書の偽造はもってのほかNGです。

 

例え、18歳以上でも高校生の登録は不可能。

シュガーダディの会員規約では、このように定められています。

18歳以上の方でシュガーダディを使いたい場合は、高校を卒業してから登録しましょう。

 

シュガーダディ 会員規約 第2条

シュガーダディの会員規約。
この通り18歳未満の登録はNGです。

 

 

山本 純
山本 純
18歳未満はお断り!

 

シュガーダディで通報された時の対処法

シュガーダディで通報されたときの対処法を紹介します。

通報されるとプロフィールに「被通報回数」が表示され、女性に警戒されてしまいます。

被通報回数が増えると「悪質なユーザー」だと思われて、女性と出会えなくなってしまいます。

そこで、シュガーダディで通報されたときの対処法を以下の2点まとめてみました。

  • 退会してから再登録
  • 2度と通報されないように注意を払う

 

退会してから再登録

「自分の被通報回数が多いかもしれない」と不安な方、「1度「被通報回数」をリセットしたい」という方には退会してから再登録するのがベスト◎

これが最も手っ取り早い方法です。

 

退会すると、同じメールアドレスで再登録することはできません。

再登録の際は、別のメールアドレスで登録しましょう。

 

「退会して再登録」すると、すべてのデータが消えてしまいます。

今まで使用していたアカウントのプロフィール設定や提出した証明書などは、最初からやり直しになってしまうので要注意です!

 

退会する方法

退会する方法は至ってカンタン!

 

  1. 「設定」→「退会の設定」→「こちらからアクセス」をクリック

    シュガーダディ 退会

    退会の手続きは「設定」→「退会の設定」。

  2. 「アンケートを入力」→「確認する」→「退会完了」!

    シュガーダディ 退会手続き

    退会手続きする最後のページ。
    カンタンなアンケートに答えて「確認するボタン」を押すと退会完了!

 

山本 純
山本 純
これで退会できました。

 

2度と通報されないように注意を払う

これは当然のことですが、通報を繰り返さないためには通報されないような行動を心がけるコト。

なんで通報されたのかしっかり反省して、女性会員への接し方を改めてください。

また、シュガーダディに記載の会員規約をチェックして「どうして通報されてしまったのか」を振り返りましょう。

 

シュガーダディの被通報回数は分かる

結論から言うと、シュガーダディでは特別な会員のみに対して被通報回数(通報された回数)を第三者に開示されるようになってます。

「ダイヤモンド会員の男性」と「顔出ししている女性会員(プロフィールに写真掲載済みの女性)」は、第三者の被通報回数を確認することができるんです。

 

山本 純
山本 純
では、自分の被通報回数と第三者の被通報回数の確認方法はあるのか説明していきます。

 

自分の被通報回数

残念ながら、自分の「被通報回数」を自分では確認できません!

 

シュガーダディでは自分の「被通報回数」を確認する手段は1つも無いんです。

どうしても知りたい場合は、

 

  • 顔出ししている女性会員に話しかけて、「自分の被通報回数はどのくらいか教えてほしい。」と頼んでみる。
  • 顔合わせの時に聞いてみる。

 

といった方法で探ってみましょう。

 

プロフィール写真を掲載している女性会員は、男性会員の「通報された回数」が見れるようになっているので、顔出ししている女性会員に聞くしか方法はありません!

 

女性会員の被通報回数

女性会員がどのくらい通報されているか知りたいですよね。

男性会員は「ダイヤモンド会員」になることで、女性の「被通報回数」を知ることができます!

 

「被通報回数」が分かればとっても便利。

相手の女性会員が悪質なユーザーかどうかをひと目で判断できる指標にもなります。

「被通報回数が多い」ということはそれだけ利用規約に違反しているということ。

あまりにも被通報回数の多い女性会員は避けましょう。

 

女性会員の被通報回数は相手のプロフィール画面、最終ログイン時間の上に表示されます。

 

シュガーダディで被通報回数を隠す裏ワザ

シュガーダディ ダイヤモンド会員

ダイヤモンド会員のアイコン

 

シュガーダディで「被通報回数を隠せる」裏ワザが1つだけあります。

それが「ダイヤモンド会員」になることです。

 

「ダイヤモンド会員」は特別で、シュガーダディの中で最高峰のランク。

会員ステータスを1ランクアップしてしまえば、自分の「被通報回数」を非表示にできるんです。

 

「ダイヤモンド会員」は「被通報回数」を見ることも、隠すこともできる。

 

こんなに便利な機能付きの会員にならないのは、もったいないです!

他にも「ダイヤモンド会員」が使用できる機能や特典は山ほどあります。

「年収証明」を提出すればプレミアム会員と同額で利用できるので、この機会にランクアップしてしまいましょう!

 

自分の「被通報回数」に不安がある方、通報された回数で出会いに足を引っ張られたくない方は「ダイヤモンド会員」になるのがオススメです。

 

 

ダイヤモンド会員は被通報回数を隠せるけど、「通報されない」わけではありません。

女性会員は迷惑なダイヤモンド会員を通報することはできるので、気を付けましょう!

 

 

山本 純
山本 純
「ダイヤモンド会員」にランクアップする方法や「ダイヤモンド会員」の特典が知りたい方はこちらの記事も要チェックです!

 

 

 

シュガーダディで通報されないために

シュガーダディで通報されると女性会員から警戒されたり、最悪の場合は運営事務局から強制退会させられることも。

このように違反行為が繰り返されて何度も通報を受けることで、退会直結するのです。

そうならないためにも、ここではシュガーダディで通報されないコツを伝授していきます。

 

山本 純
山本 純
1つずつ丁寧に押さえていきましょう!

 

 

会員規約に違反しない

オーソドックスな通報予防対策ですが、会員規約に違反する行為は絶対にしないでください!

シュガーダディの会員規約を確認するには、HPの1番下の「会員規約」をクリックすると規約条項を全て閲覧できます。

自分の女性会員に対する行動が、規約違反でないかをここでチェックすることができるのでぜひ試してみてください。

 

もし、心当たりある言動をしていた場合は改めましょう。

 

女性会員との約束はきちんと守る

男性会員が通報される理由として1番多いのが「女性会員との約束を守らなかったから」というものです。

 

実際に僕が女性会員から聞いた話では、

  • 約束していたお手当を減額された
  • そもそもお手当をくれなかった
  • 待ち合わせ時間を連絡無しで大幅に遅刻された
  • 顔合わせやデートをドタキャンされた
  • デートの日にバックレされた

 

などがありました。

 

ドタキャンはもってのほか。

社会人としてやってはいけないことです。

急遽デートをキャンセルしなければならなくなった場合、必ず女性に連絡してください。

リスケジュールもその場で行うのがベスト◎

 

また、通報理由で特に多いのが「お手当関連」。

お手当の未払いや減額はNG。

パパ活では、男性が女性に対してお手当をお互いに決めた額で渡すのが常識。

顔合わせで女性とのフィーリングが合わなくても、お手当は約束した金額でしっかり渡してあげましょう。

 

パパ活では、男性会員と女性会員の信頼関係の構築が肝になってきます。

女性と約束をしたなら、しっかりと破らずに守り抜きましょう!

 

女性が嫌がるようなことはしない

シュガーダディでは、誹謗中傷・嫌がらせ・暴言などが会員規約で禁止されています。

女性が不快に思うようなことは、絶対にしないでください。

 

1番配慮が必要なのはメッセージです。

 

山本 純
山本 純
女性と会う前のメッセージはドキドキワクワクしますよね?

 

ですが、勢い余ってしつこくしてしまうことは厳禁です。

メッセージでは相手の顔が不透明なために、お互いの感情が把握できません。

メッセージによるやり取りで被通報回数を蓄積させないためにも、女性に送るメッセージの内容はよく吟味してください。

 

パパ活目的以外で利用しない

シュガーダディでは、会員の多くがパパ活目的で使っています。

そのため、パパ活目的以外で使うと通報されるのは当然です。

 

  • セミナーやイベントに誘いたい
  • ネットワークビジネス(マルチ商法)や情報商材を売りたい
  • 他のアプリやサイトに誘導したい
  • お金を借りたい
  • 宗教や投資へ勧誘したい

 

これらの目的でシュガーダディに登録するのはやめましょう。

強制退会を食らうのも時間の問題です。

利益目的でシュガーダディに登録するくらいなら、他のサービスを利用しましょう。

 

「大人の関係」を強制しない

無理やり「大人の関係」を持とうとするのはNGです。

「大人の関係」とは体の関係を意味するパパ活用語です。

 

出会う前のメッセージから「大人の関係」を迫ったり、顔合わせや食事のみのデートなのに女性を無理やりホテルに連れ込むのはNG。

これも確実に通報されます。

 

「大人の関係」を含むパパ活をする場合は、相手の女性と事前によく話し合った上でしましょう。

同意があればもちろんOKです!

 

金銭トラブルを起こさない

金銭トラブルを起こさないのは基本中の基本。

金銭トラブルを起こすと、通報されるのはもちろんのこと訴えられることも。

警察沙汰にはなりたくないですよね。

 

よくある事例として「互いのお手当条件が合わない」ことが挙げられます。

女性が求めるお手当の金額と男性が渡したいと思うお手当の金額が合わないとき。

話し合っても、互いに条件が飲めないなら諦めましょう。

 

条件で折り合いが付かない場合は、別の女性を探す方が賢明です。

 

事前にコミュニケーションを取っておく

顔合わせで、女性とは会うまでにはしっかりコミュニケーションを取っておきましょう。

パパ活の関係は、一般的な男女の交際と全く違います。

コミュニケーションを取っておかなければ、齟齬が発生する可能性もあります。

 

山本 純
山本 純
お手当の金額、会う頻度、デートの方向性は前もって話し合っておくべきです!

 

まとめ

この記事のまとめ

  • シュガーダディでは悪質な会員を通報できる。
  • 通報できる回数は5回まで。一定期間経つと回数が復活する。
  • 被通報回数は通報された回数のこと。
  • 被通報回数が15回以上で強制退会になる。
  • 通報される理由は「規約違反」によるもの。
  • 自分の被通報回数は自分で確認できない。
  • 「ダイヤモンド会員」は女性の被通報回数を見ることも、自分の被通報回数を隠すこともできる無敵な会員ランク!
  • 被通報回数の多い会員には要注意!

 

 

シュガーダディで女性とのパパ活を楽しむためには、通報されないように女性に対して紳士な対応を心がけるのが大事。

「被通報回数」が多い会員は男女ともに警戒されてしまいます。

 

また、通報された回数に足を引っ張られず多くの女性とパパ活したい男性には「ダイヤモンド会員」がオススメ。

自分の「被通報回数」を隠しながら、気になる女性の「被通報回数」を見れちゃいますよ!

 

「ダイヤモンド会員」にならなくても、顔合わせ前によくコミュニケーションを取っておくことで最低限の通報は避けられます。

特に「お手当トラブル」で通報されることが多いですから、条件などの約束を守るようにしてくださいね!

 

 

山本 純
山本 純
女性に対して常に紳士な対応で真面目にシュガーダディを利用すれば、通報されることはありません。会員規約を守ってパパ活しましょう!